資産を守って次の世代へ!相続税対策になるマンション経営

相続税とマンションの購入

資産をしっかりと築いてきた人にとってそれを配偶者や子供に残していくことは大切ですよね。相続を行うと相続税を納めなければならなくなるため、せっかく築き上げてきた資産が目減りしてしまいます。そのときにマンションの購入をしておくと相続税を減らすことが可能です。不動産は時価ではなく、路線価から計算される評価額によって求められます。時価の8割程度までは減ることが多いため、相続税を減らすのに効果的な方法となるのです。

賃貸経営をして更に節約

マンションをただ購入するのではなく、賃貸経営をしていることによって相続税は更に節約できます。賃貸借をしている部分については控除が認められいるからです。それに加えて小規模宅地の特例も適用できる面積の土地を活用しているなら重ねて減額をすることができるため、実質的には時価の半額未満にまで評価額を下げることができるでしょう。数千万円という資産があったとしても控除範囲内に収められる可能性が生まれる方法なのです。

相続する側からのメリット

マンション経営をして経営が安定している状態で相続をすると、そのまま経営を続けることができます。これは安定して家賃収入を与えられる財産になるため、その後の生活を営む上で魅力的なものになるでしょう。また、売ってしまうことにより一時的にとはいえ大きな現金にすることも可能であり、必要に応じて売却するという判断もできます。相続する側からもただ現金を受け取るより使い道の広い財産として相続できるのがメリットです。

マンション経営に積極的に取り組むうえで、まずは魅力的な物件の投資性の有無をチェックする必要があります。